スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜだろう G2から5BC胚盤胞へ

昨日の午後4時に確認をした際、確かに女性の培養師さんは
「G2凍結です」
と言いました。
なのに今朝着床前診断をどうするかについて電話をした際、担当の男性に
「今回のG2の胚盤胞と前回のG2の胚盤胞を・・」と言ったところ
「今回のは5BCです」
訂正されました。
はあ・・・
午後4時の時点でG2だったものが、1時間ほどで5BCまで到達するのでしょうか。
この病院の培養師さん、説明と確認がどうも正確性に乏しいのです。
それもこちらが問いかけて初めてその間違いに気付く。
大丈夫なのかあ??
しかしながら完全胚盤胞で孵化しかかっている状態まで育ちました。
このCが気になりますが、他院の妊娠率はBC,CBで25%でした。
正しく評価すると、現在ではCBの方が妊娠率は高いです。BCよりもCBが高い。
胎盤になる部分の評価が高いことが大事なのだとか。
どうなるんだろう。
くじ引き。
スポンサーサイト

胚盤胞5BCと初期胚盤胞G2 着床前診断へ

今回採卵した分の5BC胚盤胞と前回凍結分のG2胚盤胞を2つ着床前診断に出すことにしました。
年齢を考慮するとあまりに無謀です。
大谷さんでは大体5つをセットに考えておられ、10個ほど貯めてから送る方が多いようです。
10個送っても異常胚ばかりの人もおられるし、3つでも正常胚の人もいる。
確率論なのでどうとも言えないのはよくわかるのですが、以前の遺伝カウンセリングでは私の転座の場合約20%くらいしか正常な胚にはならない(確率ですのでこれもまた毎回のくじ引きですね)らしい。
40代を超えると年齢的な染色体異常も増えます。
現実を考えると、私の場合、10個の胚盤胞など夢のまた夢、5個でも一体いつになるやら。
タイムリミットの問題もあり、旦那さんが「一応の目途と考えていた時期もある。今回送ってみよう」と決断しました。
今年度の補助金の規定回数はおしまい。
どちらにしても次回は4月です。
着床前診断には約1ヶ月かかりますので、ちょうどいいのではということです。
細胞抽出費用が今回の1個で10万円 着床前診断費用は13万円
(以前の抽出費用はすでに支払済みだったようで今回かかっていません)
2個で23万円なり。
個数が増えれば金額ももちろん増えるでしょう。
今回の胚盤胞は胎盤になる部分が「C」評価です。
赤ちゃんになる部分(前のアルファベット)よりも後ろの胎盤になる部分のアルファベットが妊娠出産率に関わっていると論文にも載っている・・・
つまり、5BCより5CBの方が妊娠出産率が高い。
ABCそれぞれのどのアルファベットをつけられるのか、凍結時の卵の向きでフラグメントがよく見えたり見えなかったりで評価が左右するという繊細な物らしい。
あっち向いてるとホクロが見えません。影になってあざに見えました。
写真に例えるとそんな感じかな。
もう結果は決まっている事。
神様にゆだねます。
ちなみに私の検査はCGHという新しい方の着床前診断です。
全ての染色体を調べるので、転座以外の年齢的な染色体異常もわかります。
さてさてどうなるやら。

4周期目 受精確認から凍結まで

結論から言うと、初期胚盤胞のG21つ凍結できました。
6日目の朝、初期胚盤胞になっていたそうです。
今回はじめて知ったのですが、私の通っている病院では朝一度だけしか卵を見ないそうだ・・・
いつ分割したのか、そのスピードなんてものは24時間に1度で把握できるのだろうか。

2日目 全て4分割 一般的なスピードですと言われました。

5日目の朝、確認したところ

今回採卵分
G2 桑実胚になっています(なったところ)
G4 桑実胚になりかけてはいるが、コンパクションが進んでおらず割球が残っている

前回凍結分
G4 桑実胚になりなけてはいるが、割球がたくさん残りコンパクションがほとんど進んでいない
G4 コンパクションがおこりかけている状態(見込みは薄い)

6日目にはこのG2以外全て停止に近いので培養は中止

私の卵は毎回成長が遅いです。
今回なんとなくわかったことは、マイルド法でいくなら、せめて卵胞が19mmに達してからHCGを注射したほうがいい。
凍結分の卵はあきらかに小さめでした。
女性の医師が「排卵する可能性を考えて」と決定されました。
が、セントマザーの田中先生もおっしゃっているように「20mm以上の大きさになるまで高齢の場合はしっかりと刺激してやらないといけません」という意見が私にはしっくりきます。
E2の値ももちろん。
出来るだけ、お外で戦う時間を短縮させてあげる方がいいんだろうなあと思うのです。

さて、初期胚盤胞G2が2個凍結されました。
このまま着床前診断に出すのか、あと2個ほど貯めるのか・・・
旦那さんと会議です。

おそらく、年齢的な染色体異常と私の持っている転座を考慮すれば、8割の確率で異常胚です。
たった2個で勝負していいのか迷うところです。

かといって、何回でも採卵出来るほどの金銭的な余裕もありません。
かなり家計に響いてきました。
これも一つ考える要素になります。

不妊治療をしている女性の中には考え方が偏ってしまう人もいるのだと、最近あちこちのブログを読む度思います。
子供手当もそうですが、出産にむけて揃えなければならない物の負担が大きいこと、何より働くために子供を預ける保育所がなく困っているお母さん方がいること、これらを

「子供を産めたくせになんでそんな贅沢を言うのか腹が立つ」
「子供を産めたくせにそんな主張をするなんて理解できない。待機児童の問題なんて私達には言いたくても言えない」
と罵倒に近い形で愚痴る人もいる。

こういう人達って、自分が出産したらしたで、今度は母親としての目線でしか物事を見ないんだろうな。
想像力の欠如、一面からしか物事が見られない人間で気の毒です。
子供を出産して働きたいなら預けるな?預ける場所がないことに悩むなら子供を産むな?
貧しい人達だ。
こういう人こそ子供など産むべきじゃない。


4周期目 受精確認

本日午後1時過ぎ、採卵した卵2個の受精確認を行う。
男性の培養士さんだけど、この人以前も多分話したことがある人だなあ。
前回の培養時
「胚盤胞にはほぼなりません」
と言い切った人。
今日の説明でもグレードやフラグメントの占める割合など説明はなし。
こちらが「スピードはどうでしたか」
と聞いて
「まあ今朝の段階で4分割なので極めて普通です」
と・・・
こちらが説明を求めないといけないのかしら。
明日の朝10時の段階で電話をし、卵の状態を再度確認してくれとのこと。
本日、前回凍結していた2個を溶解。
同時進行で培養を進める。
「明日、割球を一つとって着床前診断の準備が出来るかどうか説明します」
って話です。
4つともうまく8分割まで辿り着き、複数個の胚盤胞が出来ればいいのだが。
なんせ前回凍結した胚盤胞は6日目の初期胚盤胞。
胚の分割が早い場合は男子、遅い場合は女子の可能性が高いとある先生が言っておられた。
興味深い。。。。

1PNと2PN

1PNか2PNかは受精確認時に容易に判断が出来ます。また、1PN胚は早期に分割を停止することが多いですが、胚盤胞に育つことはあります。そして、1PN胚は、染色体数が半分しかない可能性が極めて高く、このような場合、妊娠が成立する可能性はあるものの、100%の確率で流産します。
ただ、1PNであっても、比較的直径の大きな1PNが見られる場合があり、直径の大きな1PNに限り、2つのPNが早期に融合したと考えられ、移植後健常出産例が報告されています。
ですが、1PN胚は、一般には、染色体数異常の可能性が極めて高いと考えられることが多いので、原則としては移植しない施設のほうが多いと思います。

以上ネットでみつけた情報です。
他でも調べましたが、要するに体外受精の場合(受精した時刻がはっきりしないため)1PNは正常胚である可能性は否定できず妊娠に至る場合もある。
顕微授精の場合は異常な胚である可能性が高いので基本的には凍結も移植もしない。
ということのようです。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

uno

Author:uno
まさかの相互転座と4度の流産、卵管狭窄まで発見。
さらにはAMHは1以下。
40代に乗って初めて不妊専門病院へ。
あまりに情報が少ないので私が困りました。
ですので、これらの情報がどなたかのお役に立てればと思います。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
ランキング参加中
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
1612位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
妊娠・妊婦
321位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。